スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

筑駒の自由とボーディングスクールの自由

お久しぶりです、江原です。

先日の第3回ボーディングスクールに起こし頂いたみなさま、誠にありがとうございました。みなさまがボーディングスクール留学をより良く知る機会になったのであれば、BSAJ一同心からうれしく思います。

さて、ボーディングスクールフェアではイベントの後半に、個別のブースを設けて各ボーディングスクールを紹介させていただきました。僕自身もStevenson Schoolを代表して多くのみなさまとお話させて頂いたのですが、その中で非常にクリティカルな質問をいただいたので、それについて今日はシェアしたいと思います。

その質問というのは、筑駒の自由と、ボーディングスクールの自由はどう違うのか、というものです。

少し質問の意図がわかりにくいかと思うので説明します。僕はStevensonに10年生として入学する以前、筑駒と呼ばれる都内の中高一貫校に約3年半通っていました。同校は、学校目標として「自由・闊達の校風のもと、挑戦し、創造し、貢献する生き方をめざす」を掲げており、非常に自由な、言ってしまえば「緩い」校風で知られています。実際校則らしい校則はなく、生徒は思い思いに学校生活を過ごします。僕自身も、授業は興味の範囲で聞きつつも、基本的には部活と学校行事に集中した3年半を過ごしました。僕以外の学生達も、部活や学校行事を中心とした学内での活動が多いとはいえ、学外で活躍する学生も多く、自分の興味が赴くままに生活していた印象があります。

さて一方で、アメリカのボーディングスクールも、生徒が自由に各自の個性が伸ばせる環境が整っていることを売りとしています。僕の例でいえば、こちらの記事でも書いた通り3年間陶芸を続けましたし、自分の興味のあったマイノリティーの活動や、サッカーをはじめとする部活動も続けました。生徒個人の興味を尊重し、各々の主体的な活動を積極的にサポートするという意味で、筑駒とボーディングスクールには大きな共通点があるように思えます。

では、実際に今の僕がその質問に対してどう答えたかというと、以下のとおりです。まず、そもそも2者の謳う「自由」の間に違いがあるかどうかというと、答えは「ある」になります。ではどう違うのか、安直にキーワードをあげるとしたら「多様性」です。

ボーディングスクールにおける多様性という言葉は、しばしば生徒のバックグラウンド、つまり国籍や文化背景などが…

最新の投稿

携帯、シャワー、トイレなしの島での生活(大学始まりました!)

和太鼓!

アメリカと銃

卒業しました!

アメリカの数学は簡単なのか?

ボーディングスクールの記憶

カーネギーホール、そして、ラジオ出演

家族との関係

第二回寮生活あるある

ありがとう